Quality

安心して食していただくために
ハサップ(HACCP)レベルの
管理基準

私たち西原商会グループは、食材のおいしさだけでなく製品の安全性を確保する使命があると考えます。
衛生管理手法の国際基準であるHACCP認証の取得にグループ全体で取り組んでいます。

「おいしさ」に「安心」を添える
5つのポイント

1.充実の品質管理体
1.充実の品質管理体
鹿児島、福岡に自社検査室を置き、グループ内の製造工場から出荷する商品の細菌検査・官能検査・理化学検査を行います。当社規定の厳しい品質基準に合格した商品のみの出荷を原則としています。
2.食品安全管理徹底の指導
2.食品安全管理徹底の指導
販売営業所、グループ会社、製造会社への定期的な視察や検査を実施。HACCP型の管理を導入し、商品の取り扱い、保存状態の管理指導、冷凍・冷蔵庫の温度管理、配送車の衛生管理など、全社的な衛生勉強会も行っています。
3.迅速な危機管理体制
3.迅速な危機管理体制
お客様からクレームがあった場合、速やかに報告書を作成し、全部署に伝達。同様のクレームの二次発生を防止するとともに、必要に応じて原因追及、細菌検査を実施し、もし異常がある場合は商品回収命令を発令します。
4.JAS法・食品衛生管理法に則った
適性表示
4.JAS法・食品衛生管理法に則った適性表示
取り扱っている全製造会社商品の表示に関して、JAS法・食品衛生管理法に則り、適正表示を行っています。貿易部の輸入品に関しては、通関した商品の官能検査や一括表示の確認を行い、安全性をチェックしています。
5.各種検査機器の導入
5.各種検査機器の導入
旨味・苦味・塩味・酸味・甘味の五味を数値化する味覚センサーや、近赤外線光分析による栄養成分測定機器を導入。他社の類似商品との差別化、自社オリジナル商品の開発や品質改良のスピードアップにつなげています。
味覚センサーにより味を数値化。
科学的な分析で、より美味しい商品を開発。
© nishihara shokai co.,ltd
English
Powered by
メニュートップ