株式会社 西原商会

ENTRY
2007年入社、長崎県佐世保市出身。株式会社西原商会 貿易部 所属。好奇心と冷静な判断力を合わせもつ貿易部の中心メンバー。休日は自分で輸入した食材で料理することも。家庭では子煩悩な二児の父でもある。

PROFILE

2007年入社、長崎県佐世保市出身。株式会社西原商会 貿易部 所属。好奇心と冷静な判断力を合わせもつ貿易部の中心メンバー。休日は自分で輸入した食材で料理することも。家庭では子煩悩な二児の父でもある。

好奇心発、イタリア行き。世界を股にかける冒険へ行ってきます。 好奇心発、イタリア行き。世界を股にかける冒険へ行ってきます。

イタリアが大好き。以前はイタリアンレストランとイタリアワイン専門のインポーターで働いていました。世界の食材を文化と共に日本に広げたい。自分がやりたかったことを力強く推進している西原商会に興味を持ち、2007年に入社しました。トラックでの営業を経験した後に、洋食プロジェクト担当に。メーカーや仕入れ先との交渉や、全社へのプロモーション活動を中心に活動。たとえば12月に向けて世界三大珍味のトリュフやフォアグラの問い合わせも増え、大きな売上に繋がると予測できれば、販売促進に力をいれます。しかし、営業が食べたこともなく商品知識もないままで売上をつくるのはとても難しい。そこで私たちが全国の営業所に巡業し、勉強会を開催し販売支援をおこなうんです。組織で連携して販売する面白さと難しさ。これらの経験は、後の貿易の仕事で大いに活きることになります。

リスクにつながる可能性のある些細な合図を見逃さない。 リスクにつながる可能性のある些細な合図を見逃さない。

貿易部は海外からの仕入れを一手に任されている部門です。貿易に関してはまったくの素人だったので、すべてイチから学びながらの毎日でした。輸入と一言で言っても、契約、製造、流通、通関と、様々な工程を経て日本に到着しています。何か一つでもトラブルがあると、商品が届かない。お客様の書き入れ時であるGWに、オーストリア産のジュースを大量に欠品させるという大失敗をしでかしてしまったことがあります。アジアだと数日でも、ヨーロッパからは出港して1〜2ヶ月はかかってしまう。自分の失敗のせいで、営業とお客様、その先のお客様にまで迷惑をかけてしまいました。仕事におけるかすかな変化や合図を見逃さずに、リスクを想定しながら事を進めなければならない。自分が担当している仕事の重みを痛感しました。

ティラミスとバジルペースト。イタリアにて運命の出会い。 ティラミスとバジルペースト。イタリアにて運命の出会い。

新商品として導入した自慢の商品が2つあります。一つは、業務用の冷凍バジルペースト。思えば、営業時代から品質に納得のいく良い商品がないことが気になっていたのです。ふつうのバジルペーストなら山ほどあります。でも、松の実が入っていなかったり、本場イタリアの味とは程遠いものばかり。ようやく出会った逸品は、約1年間の準備期間を経て、2014年販売開始。現在月間何百パックという売れ行きで、じわじわとその存在感を発揮し始めています。もう一つの新商品は、ティラミスです。出会いは部長と一緒にイタリアの展示会に行った時のこと。うちはイタリアからデザートを輸入していなかったので、デザートを集中的に見てみようと、ジェラートなど様々なスイーツを探していたのです。このティラミス食べた瞬間、部長と目と目を見つめ合いました。これはうまいぞ。これはすぐに入れようと決めました。運命の出会い。日本人のスイーツのイメージって、形状がしっかり立っているイメージだと思うのですが、本場イタリアのティラミスって、スプーンですくって取り分ける、平面的な形状なんです。最初受け入れられにくいのではないかという懸念もありましたが、ココアを振り直し、ミントを添えるなどのアレンジの提案も同時におこなった結果、売れ行きが加速していきました。

MY MOTIVATION STORY

無駄なことなんか、ひとつもなかった。 無駄なことなんか、ひとつもなかった。

入社して良かったと思うことはたくさんあります。まず、海外と近いところで仕事ができること。営業、プロジェクト、貿易といろんな業務を担当してきましたが、無駄なことなんか一つもなかった。商売ってすべてが繋がっているんです。美味しい経験もたくさんさせてもらいました。スペイン全土でも星付きのレストランが一番多いという美食の街、スペインのサン・セバスティアン。この街のバル巡りではたくさんの発見がありました。仕事とは関係ないのですが、シチリアであるプロサッカー選手に遭遇したことも。僕がイタリアに興味を持ったきっかけは1994年W杯のイタリア代表。原点に戻れた気がして嬉しかったです。現在、僕はイタリアとスペインを担当していますが、取り扱いアイテム数がまだまだ少ないんです。これらを充実させていくことが自分のミッション。初心を忘れずにチャレンジしていきたいと思っています。

EVENTS OF ONE DAY EVENTS OF ONE DAY

オーダー、販売実績、在庫、
入荷状況などすべての確認。

出社後は、メールチェックと営業所からのオーダーを確認。販売実績、在庫の確認、入荷状況の確認など、一つひとつの業務が前に進んでいるかどうかのチェックも重要です。


現地の取引先への連絡や
サンプルの取り寄せの依頼。

気になる商品があればサンプルの手配をおこないます。現地と日本の規制の違いもあるため、原料や数値などの確認も重要です。また、工場や農場などの生産現場を直接自分の目で確かめ、商談を進めます。


売上につなげるために。
他部門との綿密な連携を。

営業所には大きな倉庫と冷蔵庫・冷凍庫があります。整理整頓をおこなうことは、日々の業務の効率化する上でとても重要。全体での共有事項などをミーティングで確認したあと、配達に出発。


イタリアやスペインへ。
1週間の海外出張に行くことも。

いくつかの商談や視察をまとめて海外出張に出向いています。車での移動時間などタイムスケジュールも細かい調整が必要なので、無駄がなく安全な出張計画を立てる必要があります。


ENTRY

・2018年新卒採用の問い合わせ : nishihara-shokai18@e-recruit.jp

・2017年新卒採用の問い合わせ : nishihara-shokai@e-recruit.jp

〒890-0062
鹿児島県鹿児島市与次郎1丁目10-21
TEL:03-3538-8573
(受付時間:平日10:00~18:00)
人事部 採用チーム