株式会社 西原商会

ENTRY
2016年入社、東京都出身。株式会社西原商会 横浜営業所所属。どんな場面でも物怖じしないタフな性格でありながら、休日はお客様へのメニュー提案のためにパフェなどの試作品をつくるといった意外な一面も。

PROFILE

2016年入社、東京都出身。株式会社西原商会 横浜営業所所属。どんな場面でも物怖じしないタフな性格でありながら、休日はお客様へのメニュー提案のためにパフェなどの試作品をつくるといった意外な一面も。

“ライブ”イズ・ワンダフル。アイデアも売上もすべて目の前で形になる。 “ライブ”イズ・ワンダフル。アイデアも売上もすべて目の前で形になる。

「なぜこんなに伸び続けているのだろうか?」HPに書かれていた売上推移をみて興味を持ったのが最初のきっかけです。学生時代はカラオケ店でアルバイトをしていて、出入りする業者さんたちを見ていたので「いろんな会社の商品を扱って、いろんな提案ができる仕事は面白そうだな」という印象もありました。メーカー勤務だったら自分の会社の商品しか案内できないじゃないですか。商社だから、お客様の立場にたち、いろんな企業のいろんな商品を提案することができる。自分の知恵やアイデアもプラスして提案できる。就職先は業界を絞らずに幅広く検討していたものの、気がつけば僕の心は西原商会一本に決まっていました。

ピンチはチャンス。誠意をもって対応することの大切さ。 ピンチはチャンス。誠意をもって対応することの大切さ。

僕たちの現場は、日々いろんなことが起こります。担当企業数もアイテム数も多いため、ハプニングが起こることもしばしば。入社して間もないある日、僕はあるお客様の冷凍カットフルーツを欠品させてしまうというミスをおかしてしまいました。お客様使用アイテムは切らさずに在庫を確保しておくことが鉄則。初歩的なミスでした。しかし、落ち込んでいる暇はありません。欠品分を確保すべく猛ダッシュ。社内のデータベースを使い、近隣の営業所の在庫を検索する。メーカーや販売店に確認をとる。上司や営業所の方々も一緒に探してくださり、なんとか手配できることに。当初は厳しい態度を見せていたお客様でしたが、在庫確保の報告には安堵の声が。お客様との心の距離がぐっと縮まった瞬間でした。

新店舗オープンの目玉として、僕のメニューが採用されました。 新店舗オープンの目玉として、僕のメニューが採用されました。

とんでもなく嬉しい出来事も起こります。カフェを新規オープンすることになったお客様でのことです。開店を彩る看板メニューが思いつかずに悩んでいた店主。声をかけていただき、メニューを提案させていただく機会を得ました。何度も打ち合わせを重ねて決定したのが、ワッフルとフルーツのプレート。開店したピカピカの新店の前にワッフルのノボリがヒラヒラとはためく様子を見た時は、最高に嬉しい気持ちになりました。僕たちは毎日お客様と顔を合わせます。業務の話だけでなく、たわいもない話をすることも多い。そうすると、お客様の考え方やお店の方針など、様々なヒントを得られる。それが日々の提案に大いに活きてきます。余談ですが、お客様にお子さんが誕生した場合、成長する過程を見せていただくのも楽しいですね。お客様と一緒に人生を生きているという実感が湧いてきます。

MY MOTIVATION STORY

「自信」も「居場所」も自分でつくる。 「自信」も「居場所」も自分でつくる。

現在85社のお客様を担当しています。この一年で新規のお客様も開拓して随分増えました。頑張ると数字がついてくるので、モチベーションもあがります。振り返ってみると、一年目の時の原動力は「悔しさ」でした。一年目は周囲から「どうせ一年目だから」と思われがちです。数字が達成できない場合も「一年目だから」で片付けられる。それが悔しかったんです。イメージを覆してやろうと必死でした。ところが仕事で成果が出てくると、自分自身に自信が持てるようになってきます。また、自分の「居場所」もできてきます。自分だけでなく、後輩や営業所、会社全体のことも考えるようになってくる。いつか部下を持った時に頼ってもらえる人間になれるように、一つひとつに手を抜かず、しっかり頑張っていきたいと思っています。

EVENTS OF ONE DAY EVENTS OF ONE DAY

朝一番は、注文業務。
朝会では共有事項をインプット。

営業の一日はFAXで注文業務からスタート。お客様からの注文を想定しつつ、欠品することのないようにタイミングを見計らい注文。その後の朝会では、様々な共有事項をインプットする。


店舗ごとにダンボールに。
商品準備とトラックへの荷積み。

今日の配達先リストをチェック。配達先ごとのダンボールに商品を詰めていきます。何十軒もの配達先があるため、わかりやすく整理しておくことが重要です。


商品と本日のルートを確認したら、
トラックに乗り込み、配達に出発。

商品と本日のルートを確認したら、トラックに乗り込み、出発進行です。エリア、配達先の数、道路状況もそれぞれ異なるため、自分自身でしっかりタイムマネジメントすることが重要です。


夕方、帰社。伝票整理や
明日の注文のFAXなど。

営業所に戻るのは夕方頃。伝票整理やメールチェックなどをおこないます。明日の注文分を確認し、準備が一通り終了したら帰宅します。


ENTRY

・2019年新卒採用の問い合わせ : nishihara-shokai19@e-recruit.jp

・2018年新卒採用の問い合わせ : nishihara-shokai18@e-recruit.jp

〒890-0062
鹿児島県鹿児島市与次郎1丁目10-21
TEL:03-3538-8573
(受付時間:平日10:00~18:00)
人事部 採用チーム